VIO脱毛ってセルフでもできるの?

259531 (2)
VIOラインというのは、デリケートゾーン周辺を指す言葉になります。
Vラインは身体の正面から見た場合のビキニラインです。

そしてIラインは股関節の内側部分、Oラインは肛門周辺の部分になります。
自己処理をするのも比較的簡単な部分もありますし、自分で処理するのが困難な部分もあります。

■VIO脱毛のデザインは慎重に

VIOの脱毛というのは、その部位のムダ毛を除去してしまうことです。
そしてそれが一時的な脱毛なのか、永久的な脱毛なのか、ということによって脱毛の方法は変わってきます。

若い女性の間ではハイジニーナというのは当然のように行われているようです。
このハイジニーナはVIO脱毛の総称なのですが、ほぼムダ毛がゼロになるまで処理する場合もあります。
ただし、年齡を重ねた時に、ツルツルの状態だと恥ずかしい思いをしなければならなくなることもありますよ。

■セルフケアのコツは?

Vラインというのは自分でも見ることができますし、ワックス脱毛や専用のシェービングジェルなどを使用しても簡単に脱毛することができる箇所になります。
デリケートゾーンのムダ毛を処理する場合には、このVラインを指すことが多いようです。

ただし、粘膜部分に近いIラインというのはかなりデリケートな部分です。
さらにOラインに関しては自分でも見ることが難しい部位になりますので、セルフでのケアというのはおすすめしません。

やはり、理想としては脱毛をするのであればサロンなどのプロに任せるようにしましょう。
VIOラインはデリケートゾーンですので、自己処理をする時には十分に注意するようにしてください。

■Iラインの脱毛は特に注意!

Iラインは陰部にかなり近いので、カミソリで剃った時に雑菌が入ってしまうこともあります。
炎症が起きたり、可能をしてしまうこともあります。
Oラインは自己処理が難しい部位になりますので、VIOラインをケアする時にはクリニック、サロンにおいてプロに任せるというのがおすすめです。

では、クリニックとサロンはどちらが良いのでしょうか?
クリニックではレーザー脱毛、サロンでは光脱毛が使用されています。
やはり人気があるのはサロンでの脱毛ですね。
サロンの光脱毛なら痛みも少なく脱毛することができますのでおすすめです。

■不器用さんはプロの脱毛を

このようにVIO脱毛というのは自分で行うこともできますが、危険を伴う、ということも忘れてしまってはいけません。
自分で脱毛する自信がないのであれば、思い切ってサロンで脱毛してもらってはどうでしょうか。